4月からの後期高齢者医療保険料が2・1%アップ(産経新聞)

 厚生労働省は30日、75歳以上が対象の後期高齢者医療制度で、4月からの1人当たりの年間保険料が全国平均で2・1%(1300円)引き上げられ、6万3300円となるとの試算を発表した。

 保険料は2年ごとに改定され、4月からは高齢化の進展で10%以上引き上げられるとみられていたが、都道府県の基金取り崩しなどで保険料の上昇を抑えた。

 都道府県別では、31都道府県で引き上げとなるが、15県は引き下げとなり、和歌山は増減なしだった。

【関連記事】
約1400人分の保険納付額少なく記載 愛媛
高齢者医療制度改革 4試案いずれも一長一短
長妻厚労相、指示1000件超「細かすぎる」
24万人の通知に誤記載 岡山の高齢者医療広域連合
協会けんぽの後期高齢者医療費「肩代わり」案 健保連が反対行動
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<NHK>「みんなのうた」に不適切映像 画像を修正へ(毎日新聞)
<若林議員辞職>「なぜ押したのか」 首ひねる閣僚たち(毎日新聞)
<訃報>後藤悟さん81歳=立行司の第28代木村庄之助(毎日新聞)
普天間移設、政府2案を与党・沖縄県に提示(読売新聞)
空自がメーカーに談合方法指南? 公取委が官製談合を認定(産経新聞)
[PR]
by tgrasrd8y1 | 2010-04-05 14:20