朝廷に仕えた唐人音楽家、名前入り須恵器発見(読売新聞)

 奈良市の平城宮跡の西にある西大寺旧境内で見つかった須恵器片(8世紀後半)に、奈良時代の遣唐使船で来日し、日本の朝廷に仕えた唐人「皇甫東朝(こうほとうちょう)」の名前が墨書されていることがわかり、市教委と奈良県立橿原考古学研究所が8日、発表した。

 当時、宮廷音楽を担当する役所「雅楽寮」の次官だった皇甫が献灯した灯明皿とみられる。皇甫は続(しょく)日本紀(にほんぎ)などの文献に登場する人物だが、関連する遺物が出土するのは初めて。

 須恵器片は3分の1ほどが欠けており、直径約15センチ。「神護景雲二年」(768年)の年号入りの木簡などが出土したのと同じ溝から見つかった。底面の裏に左から縦2列に「皇浦」「東朝」と書かれていた。浦は甫の当て字とみられる。

 続日本紀によると、皇甫は736年、日本に帰る遣唐使船で来日。766年、法華寺の法要で唐楽を演奏した功績で、外国人としては高位の従五位下の位が与えられ、翌年には雅楽寮次官などに任命された。

東名阪道の勝川料金所から煙、IC入り口封鎖(読売新聞)
密約文書欠落で調査委設置=廃棄の有無解明へ−岡田外相(時事通信)
<日本学術会議>受動喫煙の対策強化を提言 立法措置求め(毎日新聞)
知事公用車「センチュリー」、ネット売却へ(読売新聞)
<川崎マンション火災>重体の4歳次男も死亡(毎日新聞)
[PR]
by tgrasrd8y1 | 2010-04-13 14:53