反捕鯨団体、2隻で妨害=日本船団を南極海で(時事通信)

 水産庁は8日、南極海で調査捕鯨を行っている日本船団の母船「日新丸」に対して米国の反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の2隻が同日午前7時半(現地時間同日午前5時半)ごろから放水やレーザー光線の照射などの妨害活動を行ったと発表した。
 同庁によると、6日にも調査捕鯨を妨害した「ボブ・バーガー(BB)号」に、SSが投入した船では最大とされる1000トン級の「スティーブ・アーウィン(SI)号」が合流し、日新丸を追走。SI号からの放水で日新丸の乗組員数人が水を浴びたものの、けがや船体の損傷はなかった。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
〔写真特集〕調査捕鯨
反捕鯨団体がまた調査妨害=予防船と接触
妨害阻止、国際世論を喚起=農水相が異例のIWC出席へ
反捕鯨団体、ゴムボートで妨害=衝突以来9日ぶり

閉校前に熱気球でお別れ 練馬区立光が丘第二小学校(産経新聞)
改めて「普天間継続使用含め検討」 官房副長官(産経新聞)
<春闘>基幹労連、定昇や一時金確保重視へ(毎日新聞)
船田前衆院議員が新潮社提訴(産経新聞)
羽田離陸直後に左エンジンから出火、緊急着陸(読売新聞)
[PR]
by tgrasrd8y1 | 2010-02-09 03:13