<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 05年2月、インフルエンザ治療薬「タミフル」を服用後、マンションから転落死した愛知県知立市の中学2年生の遺族が「異常行動はタミフルの副作用によるもの」として、独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」(東京都)を相手取り、タミフルの服用と死亡の因果関係を認定するよう求める訴えを東京地裁に起こすことが22日、分かった。原告代理人によると、同様にタミフル服用後に突然死した京都府と栃木県の2人の遺族も提訴に向け準備を進めており、今週中に東京都内で記者会見する予定という。

 訴えるのは、知立市の秦野皓平さん(当時14歳)の両親。05年6月に薬害の救済組織である同機構に給付金の支給を申請したが、同機構は服用との因果関係を認めなかった。両親は厚生労働省にも審査を申し立てたが、棄却された。提訴期限は10月末で、それまでに機構の処分取り消しを求める訴訟準備を進める。

 厚労省によると、タミフル服用後の異常行動は09年3月末時点で飛び降りなど計353件。うち死亡は8例、突然死も14例報告されている。10代を中心に異常行動がみられたことから、同省は07年3月、10代への処方を原則中止した。

 同機構によると、タミフル服用後に異常行動を起こして死亡したケースを巡り、遺族からの救済申し立ては15件(今月14日現在)あるが、いずれも服用との因果関係は認められていない。岐阜県下呂市で04年2月、タミフル服用後に自宅を飛び出しトラックにはねられ死亡した男子高校生の遺族が、タミフルの副作用を認めなかった同機構に損害賠償を求めて提訴したが、岐阜地裁は2月、訴えを棄却している。

 皓平さんの母竜子さん(50)は「10代への処方を中止しておきながら、因果関係がはっきりしないというのは納得できない」と話している。【沢田勇】

【関連ニュース】
転落死:3歳男児マンション13階から 名古屋
東京駅:JR東海の55歳社員が転落死 自殺か
転落死:4歳女児、ベッドで跳びはね窓から 兵庫のホテル
転落死:がけから岐阜の男性 三重・塩浜海岸
強風:東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も

タクシー運転手殺害 メーター焼け売上金奪われる 神奈川(毎日新聞)
ポイントは“本業”を通じた環境経営――ゴールドウインの自転車通勤制度(Business Media 誠)
<映画>「春との旅」全国公開(毎日新聞)
織田作之助「二十歳」 京都・さくら井屋 画学生のデザイン絵封筒に(産経新聞)
黄砂対策で前進=日中韓環境相が合意―北海道(時事通信)
[PR]
by tgrasrd8y1 | 2010-05-28 18:09
 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は15日、東京都内のホテルで小沢氏から任意で事情聴取した。検察審査会が小沢氏を「起訴相当」と議決したことによる再捜査の一環で、小沢氏は改めて関与を否定したとみられる。

 特捜部は元秘書の衆院議員、石川知裕被告(36)と元秘書、池田光智被告(32)、元公設第1秘書、大久保隆規被告(48)からも事情を聴き、改めて小沢氏の処分を決める。

 特捜部が再び小沢氏を不起訴とした場合、起訴相当議決をした東京第5検察審査会が2回目の審査を行う。審査会が再び「起訴すべきだ」と判断して起訴議決をすると、小沢氏は裁判所が指定する弁護士により強制的に起訴される。

 小沢氏の聴取は今年1月23日と31日に続き3回目。特捜部は虚偽の内容が含まれる政治資金収支報告書の提出時に、小沢氏と石川氏らとの間でどのようなやり取りがあったかを改めて確認したとみられる。

 検察審査会は、収支報告書の提出時に「小沢氏に報告した」とする石川氏らの供述などを基に、小沢氏と石川氏らの共謀認定が可能と判断した。関与を否定した小沢氏の供述を「極めて不合理・不自然で信用できない」と指摘していた。

【関連ニュース】
小沢幹事長:事情聴取、17日軸に調整か 東京地検
政倫審:小沢幹事長出席で閣僚ら公開求める 党には慎重論
小沢幹事長:政倫審出席へ…会見で表明
野党:終盤国会での「政治とカネ」追及で一致 5党幹事長
小沢幹事長:政倫審出席へ 参院選など懸念か

大学講師が「リポート代行業」…“回数券”も(読売新聞)
民主、甘利氏の懲罰動議提出 自民は猛反発(産経新聞)
今年度新製品が130億円寄与―第一三共(医療介護CBニュース)
大企業サラリーマンら負担増?改正健保法成立(読売新聞)
横浜市の一部で大規模停電=1万世帯超、送電設備故障か(時事通信)
[PR]
by tgrasrd8y1 | 2010-05-20 06:55
 偽造した障害者手帳を使って高速道路の通行料を不正に割引させたとして、大阪府警警備部と此花署などは10日、「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(大阪市西区)の組合員10人を偽造有印公文書行使と詐欺容疑で逮捕。

 同支部や組合員の自宅などを捜索し、偽造手帳11通を押収した。

 兵庫県たつの市龍野町中村、トラック運転手上川里美容疑者(45)ら10人。発表によると、上川容疑者らは昨年12月〜今年4月、それぞれ乗用車で名神高速や阪神高速などを利用して作業現場に向かう際、料金所で偽造手帳を提示し、正規の通行料の半額に減額される障害者割引制度を計46回悪用し、計1万8890円の支払いを不正に免れた疑い。

 調べに対し、7人は「交通費を浮かすためにやった」などと容疑を認め、3人は「今は言いたくない」と話しているという。

 押収された偽造手帳には神戸、姫路両市の偽の公印が押されており、一部は発行年月日や識別番号が同じだった。府警は、何者かがパソコンなどで障害者手帳を偽造、組合員間で複製していた可能性があるとみている。

南ア観光、商機逃すな 現地で見本市 サッカーW杯(産経新聞)
教科書検定プロセスが明らかに 研究センターで資料公開始まる(産経新聞)
<普天間移設>首相、一部受け入れ要請 徳之島3町長拒否(毎日新聞)
普天間、月内決着断念へ 政府 米・地元と調整困難(産経新聞)
ワカメ産地偽装で前社長を逮捕=中国産を「鳴門産」−徳島県警(時事通信)
[PR]
by tgrasrd8y1 | 2010-05-12 22:51